スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

HOYA暗所視支援眼鏡が天草市で福祉用具 「日常生活用具」の給付対象になりました(全国初)

暗所で見え辛さを感じる夜盲症を支援する暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」が2019年7月に熊本県天草市で日常生活用具の給付対象になりました。

日常生活用具として補助が受けられるため、網膜色素変性症で夜盲症の症状に悩んでおられる方々が利用しやすくなります。

まだ全国で天草市だけのようですが、これから他の市町村でもどんどん給付の対象になっていくことを期待しています。

 

天草市の給付について(対象者の条件など)

https://www.city.amakusa.kumamoto.jp/kiji0036064/index.html

 

 

 

暗所視支援眼鏡(HOYA MW10 HiKARI)について

HOYA MW10 HiKARIは、HOYAが独自に開発した小型の低照度高感度カメラで捉えた像を明るい映像として有機ELディスプレイに投影する眼鏡型の小型機器です。

特徴は、暗闇でのわずかな光を増幅させることで対象物の色彩を自然に再現することができます。

また、カメラレンズを標準・広角の2種類を装備することで、ワイドにものを見ることができ、視野狭窄にも対応しているようです。

眼鏡レンズも遮光レンズが使用されています。

詳細は商品のホームページをご確認ください。

 

【HOYA MW10 HiKARIのサイト】

https://hmwpj.com/products/

ハードコンタクトレンズのケアについて

先日、ミットランドスクエアで開催されたサンコンタクトレンズさん主催の「コンタクトレンズ技術フォーラム in 名古屋」に参加してきました。

 

プログラムは円錐角膜へのコンタクト処方やハードコンタクトレンズのケアについてなどハードコンタクトレンズを取り扱う眼科スタッフ向けの内容でした。

 

現在はソフトコンタクトレンズを使用する方が多いですが、酸素透過率が良いというメリットがあることや円錐角膜などの不正乱視(*1)にもハードコンタクトが使用されています。

 

円錐角膜の公演も大変勉強になったのですが、内容が処方であったため、今回はハードコンタクトレンズのケアのお話をしたいと思います。

 

 

 

 

使用されている方はご存知だと思いますが、ハードコンタクトに汚れが付着して見えにくくなってしまったり装用感が悪くなることが時々あります。

 

【レンズの汚れについて】

レンズの汚れる原因は涙液由来(たんぱく・脂質・無機塩類)や使用環境由来(化粧品・粘着剤(バンドエイドやつけまつげなど)・花粉・埃)などであり、特に汚れがついた手でレンズを触ることで汚染してしまうことが多いです。

化粧品による汚れも多く、化粧をした後やハンドクリームを塗った後にコンタクトレンズを触るとレンズの曇りやはじきの原因となります。

 

これらの汚れをレンズに付着させないためには、

.譽鵐困某┐譴訌阿砲砲呂靴辰り手洗いをする。

 特にレンズに触る指は念入りに洗います。

このとき気をつけたいのは、洗った手をタオルで拭いてしまったり手洗い後にレンズホルダーのキャップをはずしてしまうこと 

です。

これではせっかく洗った手指を汚染してしまうため、タオルでは拭かないこと、キャップは手洗い前にはずしておくこともポイントだそうです。

 

△化粧をした後にコンタクトをつけると化粧品が付着しやすいため、必ずコンタクトを先につけてからお化粧をしましょう。

 →コンタクトレンズファーストが大切

 

【レンズの洗浄について】

次にレンズの洗い方ですが、清潔に洗浄した指先でこすり洗いをしていきます。このときレンズの外側だけでなく内側もしっかりとこすり洗いをすることが大切です。

すすぎはレンズホルダーに入れて流水で行います。

 

 

汚れがひどいレンズの洗浄は洗浄剤を使用するのですが、一度漬け置きしてからの擦り洗いが効果的です。

このときのポイントは、寒い時期には洗浄剤のタンパク質分解酵素は低温では活性化しないため室温20度以上の暖かい場所で行うことが良いそうです。今の時期は大丈夫ですが、冬場は洗面所よりも暖かい場所での保管や洗浄をお勧めします。

 

 

洗浄剤には

\浄保存液:毎日のレンズケアに使用。蛋白質分解酵素が含まれておりたんぱく汚れに効果があり

研磨剤入り洗浄剤:研磨剤が入っており、頑固な汚れや化粧品の付着などに使用します。

 

(上記のように化粧品などの落としにくい汚れが付着したレンズは研磨剤入りの洗浄剤を使用しますが、注意点としては研磨剤入りの洗浄剤は漬け置き洗いはできないこと・表面加工をしているレンズは加工がはがれてしまうため使用不可です。

ご自身が使用しているレンズの確認が必要です。)

 

これらの洗浄剤を目的に合わせて使用していくのですが、複数の洗浄剤を使用する場合は洗浄効果が打ち消されないか相性を確認する必要があるとのことでした。

 

公演者の方がお話されていた洗浄剤の相性確認のポイントは、洗浄剤は会社のノウハウが詰まった技術の賜物であるため使用しているレンズメーカーと同じものを使用したほうが安全性が高くおすすめであるとのことでした。

 

 

ハードコンタクトレンズはついつい汚れた手で触ってしまうこともあります。

レンズ管理に基本的なことですが、レンズケアには手洗いが大切(特に指先)であること、お化粧などの前にコンタクトレンズをつけることや洗浄剤で汚れを除去することを忘れないなどを行い、コンタクトを清潔な状態に保つようにしましょう。

私もとても勉強になりました。

 

*1 角膜の凹凸により円柱レンズで補正することができない乱視です。メガネで矯正不可でありコンタクトレンズ(主にハードコンタクトレンズ)を使用します。

 

 

 

 

ホームページ閲覧停止のお詫び

おはようございます。

あやめ堂のホームページが5月から一時的に停止しておりました。

原因はクレジットカードの海外での不正使用があり、クレジットカードを停止したためのトラブルでした。

ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

GWの診療について

「GWの診療について」

 

GW期間中は平常通りの営業を行っております。

キャンペーン(初診対象)も引き続き行っています。

日頃から体の疲れを感じておられる方は、ぜひ一度お休み中に針に夜よるケアをお試しください。

 

あやめ堂針灸院、リニューアルオープンしました。

 

あやめ堂針灸院

仮店舗から4月にリニューアルオープンしました。

 

住所 

〒474-0035

大府市江端町2-133山崎ビル1階

TEL:0562-57-7588

 

大府駅西口から徒歩約9分、リソラ大府店さんのそばになります。

ハリネズミのついた黄色い看板が目印です。

以前よりも交通の便の良い場所になりました。

駐車場完備

 

グーグルマップの店舗情報の切り替えができずに閉店と記載されていますが、診療しています。

ご相談、ご予約のお電話をお待ちしております。

 

 

 

就学時検診と弱視について

 

先日、小学校の就学時検診のお手伝いに行ってきました。

私の担当は眼科の眼位検査(斜視かどうかの検査)でしたが、隣が歯科検診のブースだったので、子供たちはお口を大きく開けて並んでくれていました。

なので、先ずは口を閉じてもらってから目の検査となりました。

みんな緊張しながらもがんばって検査を受けてくれて、とってもとっても可愛かったです。

昔過ぎて忘れてしまいましたが、私にもこんな可愛い時期があったのだろうか??と思うくらい笑顔や表情が素敵な子供たちばかりでした!

来春にはランドセルを背負って元気にこの学校に通って、たくさんお友達をつくってみんなで楽しい学校生活を送ってください!

そして眼を大事にしてね。

 

                 

 

ということで、本日は目の成長にとって欠かせない、ヒトの視覚の感受性と弱視についてのお話をしたいと思います。

 

視力の発達は、生まれてから先ず近くを見るための視力(近見視力)の発達が始まり、その後遠くを見るための視力(遠見視力)が発達していき、個人差はありますが約8歳ごろに成人のレベルに達するといわれています。

 

この時期に適切に両目でものを見ることによって、正常な視覚の発達を獲得していくのですが、この時期に何らかの原因により2つの目でものを見ることが阻害されてしまうと、視覚の成長が妨げられ、メガネをかけても視力が上がらない「弱視」の状態となってしまいます。

 

この視覚の感受性(発達)は、生後1ヶ月から18ヶ月は非常に高く、その後減少していきますが、8歳ごろまでは残っていると考えられています。

 

そのため、この時期の子供の視力検診は大変重要となります。

視力検診は、法律で定められている1歳半検診、3歳児検診と法律ではありませんが6歳の就学時検診があり、その後は春と秋に年2回の検診があります。

なので、春と秋にはと色つきの紙をもった小学生で眼科が混み合うことになります。

 

先述したとおり、子供の視覚の発達は、生後1ヶ月〜18ヶ月が強いため、以上は18ヶ月(1歳半)〜3歳までに発見すべきであると考えらているために、3歳児検診が非常に大切となります。

私の住む自治体の三歳児検診の視力検査は、家庭に手作りできるランドル環(視力検査用の紙)が送られてきて、お母さんやご家族が検査を行うことになっています。

 

ご家庭の検査の場合、親御さんも初めてのことが多いため、つい検査が甘めになってしまうことがあります。

3歳児検診で眼の異常が見落とされてしまうと、次の検診は6歳の就学時検診となるため、目の成長にとって大切な時期を無治療で過ごしてしまうことになってしまいます。

小さいお子さんの視力検査は大変ではありますが、正確に行うようにされてください。

 

〔視力検査のポイント〕

・片眼を正しくしっかり隠して行いましょう。→ポイントは隙間から覗けないように遮蔽です!

 お子さんに片目を隠してもらう、道具を使って遮蔽することがあると思いますが、手の隙間板の端から見えてしまったりすること     があり、正確な測定ができないことがあります。

   人手があるなら大人二人で検査を行い、一人が手の平で眼を圧迫しないように注意しながらしっかりと片目を隠すようにしまし 

   ょう。

 片目にだけ異常がある場合、隙間から覗いた状態で検査を行うと、異常を見落としてしまうことになるため注意が必要です。

   うまくできない場合は、ガーゼを使って片目を隠したり、薬局でアイパッチ購入してを貼ることもいいと思います。

 

・眼を細めず、顔はまっすぐにして測定しましょう。

 

 

 

見えているような気がするから大丈夫とは思わずに、少しでも気になる点があったら再検診を受けるようにされてください。

検診だけでなく、あれっと思ったらお近くの小児眼科を受診されることもお勧めします。

この時期は、眼が未発達でうまく検査ができないことが多いため検診で引っかかっても異常なしであることも多いのですが、中には早期に治療や訓練が必要となるケースもあります。

年齢が低いほど治療効果が期待できます。

お子さんの健やかな成長のためにも早めに眼科を受診して治療をスタートさせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝いをいただきました:リーフウォーク稲沢クリニック様

稲沢市のリーフウォーク稲沢クリニックの院長、新井先生より開業祝いをいただきました!

ピンクの素敵な洋蘭です。

待合室が急に華やかになりました。

呼鈴でドアを開けたらお花を抱えられた新井先生が立っており、驚きましたがとても嬉しいサプライズでした!

新井先生ありがとうございました。

 

リーフウォーク稲沢クリニックでは、眼科、漢方、漢方内科の診療を行っており、眼だけではなく様々な体の悩みをお持ちの患者さんが来院されています。

 

私も大変お世話になっており、眼科の疾患についてだけでなく栄養学など勉強させていただいています。

 

新井先生は西洋医学、漢方、針灸の治療をされており、栄養学の指導もしてくださるので、現在のお薬や治療に疑問や限界を感じている方や、生活習慣を一から改善したい方は是非一度ご相談されてみることをお勧めします。

 

リーフウォーク稲沢クリニック

www.leafwalkeye.jp

 

漢方、漢方内科は月曜日〜木曜日の診察になります。

 

 

 

 


 

ブログはじめます

こんにちは。

あやめ堂針灸院です。

ホームページでブログをはじめます。

針灸や健康についての色々な豆知識、針灸院の様子などを書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

1